廣川みのりとオブジェな器*「Craft ubuubu」クラフトウブウブ

2014年3月に信楽町長野に移転新装開店した、Gallery&Studio「クラフトウブウブ」の紹介です。耐熱土鍋のパイオニア廣川純のごはん鍋、土鍋や、キャセロール、廣川みのりの赤絵のオブジェな器、廣川温の器作品も常設しています。(土日祝のみ営業)
☆News ☆11月24日〜12月18日迄
近江商人の町、五個荘町のギャラリー
H akmokren さんで個展を開催させていただきます。

クラフトウブウブは↓
滋賀県甲賀市信楽町長野1180-1 電話:0748-82-0207(平日は0748-53-3771廣川迄)
mail to: reisai_studio@yahoo.co.jp 

角へにゃ注器他

DSCF1360.JPG
DSCF1227.JPG
DSCF1355.JPG
photo by れいさい工房 -

でけた〜!

完成です〜!(涙)
あはは〜。かわいい〜〜。自画自賛、(専門やわ〜。)
「蓋も身もある丼セット。」
自分的にはあまりに大変な絵付け作業で、自分で使いたいのに,未だ使えず。。てとこ。
でも又、このじゃまくさ絵付けに火が付いて、しばらくやり続けそうな予感。。。
次は,何でこれやろ〜かな〜〜〜。。と、たのしみ。。だが、これで、生活は出来ませんがね〜〜〜。でもやりたい。
ま、やっぱ酒器かな。今までと少し違って、曲線繋ぎの注器も良いかな〜〜(て、エイドリアン・サックスか、、。)いえいえ、めっそうもない。あんなんちゃうよ〜〜〜きっと。












































*************************************** 
photo by れいさい工房 -

めさしんどいこの仕事


最初にこれを作った時は,テンションもあげあげ。。しかし、これを2つつくってと言われて、OK~! 何て言ってしまって、、これが結構大変でした〜。安請け合いしんときゃ良かった。

もう早この絵付け始めて10日程経ってしまっているが、未だ描き終わらない。
ま、注文なので余分に作っておかないといけないので、倍の4セット描いている。文様は蓋の部分の飯碗と下の丼で繋がっている。これがちょ〜〜やっかいで、しかも、さいきん老眼鏡無しで細かい絵付けは無理。
ずっと、眉間にしわを寄せて描いている。なさけな〜〜〜〜。。
でも描き終わると、かわいい〜〜〜。と自画自賛。
ま、いくらなんでも明日には完成でしょう。長かった〜〜。明日おわらせるど!



































***************************************************
photo by れいさい工房 -

<尺鉢>富士山なんちゃってなんだもん〜。

<尺鉢>

まず楽しんで、描いてみました。でも、未だはじけ足りないので何とかしたいと思いつつ。。

















<Part=2=中鉢の部>

ちょっと大きめのラーメン鉢でもいけそう。




























































********************************************
photo by れいさい工房 -

蓋付き椀<’09年作>
かなりきにいってるので、手放すかどうか迷ってます。


めし碗グランプリ


こちらは、同じく09年作。同年の「めし碗グランプリ展」入選。いろんな月ウサギのお出かけがあります。



めし碗グランプリウサギ


 
月ウサギ2




月ウサギ3




ウサギいろいろ






コメントよろしく!
photo by れいさい工房 -

リバーシブルな器/うずうず

リバーシブルな器
サイズはは10cm~12cm× h4cm
コンパクトですが、模様面を上にすれば、お皿として、裏返すと鉢として使えると言うアイデアです。
3年前の京都Sophoraさんでの個展の時、赤と黒と,銀ラインで作ったものを今回は渦巻き模様で側面のふくらみを強調する表面処理にしてみたものです。
最初、模様以外のところは生地の白を出していたのを,銀で埋めることにしたら、良くなったと、、、自分では思っています。
最近とにかく仕事がやりずらくなってきていて、(周期的なものかも〜)やっとこさやりとげました。1月の末に作ってから、どうしよ〜〜〜となって,手をつけずに放り出して,横目で見て手つかずにしてからようやくの仕事でした。
いえ,その間、普段の仕事はしていたのですが、、。
売れないと判っていても,やりたい仕事というのは、進まなくなると困りものです。

四日市陶磁器コンペ2009<しかくいもん>出品
うずうず裏

うずうず/1

うずうず/2

うずうず

コメントよろしく!














--------------******---------++++++++--------------********---------+++++++***********-----------------++++++*******-----------------
photo by れいさい工房 -

Always続3丁目の夕日

<鶏冠のオブジェカップ>
棒付きカップ
























 日曜日の夜のレイトショウ
 で続3丁目の夕日を、観た
 1作目をTVで観て、まんま
 と嵌められた訳で、茶川竜
 之介先生のロマンスを軸に
 お向かいのモータースのお
 っさん達ご近所模様に、今
 回も笑わせてもらった。
 うちら貧乏人にとって、報
 われない思いの人生でも、
 まあいいっか〜!と、観た
 後で、思える様なほんわか
 した気分を提供してくれる
 映画ではありました。が、
 、、、、これって、正に
 世の中への不平不満の空気
 抜き「文部省及び永田町ご
 推薦」ってやつなのよね。

 時代設定は、懐かしい昭和
 の日本が高度経済うなぎ上
 りになっていく前夜。今み
 たく、先行き不安に押しつ
 ぶされそうな不透明さでな
 く、何か面白い物が生きて
 いるうちに見れそうな予感
 に満ちた時代。
7 x 12 x h15cm

棒付きカップ 
























少なくともこんな時代もあ
 った事を知っている世代に
 とっては「アサキユメミシ
 2時間哉」でした。
 気になったのは、CG処理。
 判っちゃいるから、ついど
 れ程のものかと、チェック
 を入れて、いささかがっか
 りのシーンもあり、、。
 ま、別に橋の欄干の倍程あ
 る背丈のOLらしき(女装の
 ジャイアント馬場か)後ろ
 姿が向こうに去るでもなく、
 まして後ろ向きに向かって
 くるでもなく、歩いている
 のは止めてくれと言う程度
 でしたが、、、。これも
 ご愛嬌ではありました。

 でも、いつも通りのガラ空
 きの映画館で、夫婦でポッ
 キーとコーヒーを抱えて観
 るには、とても楽しい映画
 でしたわ。
2007/11/28




JUGEMテーマ:アート・デザイン


コメントする
photo by れいさい工房 -

緑のカップと愛知県美へ新幹線で?

<緑のオブジェカップ>
緑カップ-2
 名古屋の愛知県美術館に、イン
 ドネシアで活躍するアーテイス
 トの友人の個展を見に行った。
 レクチャーがあると聞いていた
 ので、間に合う様に出かけなく
 ちゃと、朝から名古屋迄の時刻
 表を調べたりしつつ、その前に
 出荷する予定の作品達を前に、
 あ〜〜決まらないと、イライラ
 結局お約束通り、ぎりぎりぎっ
 ちょんの時刻に家を飛び出した
 はいいが、、、。これ又お約束
 の様に忘れ物!ヒイヒイ言いな
 がら、今日は J が店に乗用車に
 乗って出かけているので、私は
 軽トラ。これじゃ、飛ばす訳に
 も行かない。なんせ、自慢じゃ
 ないが、溝を、探さなきゃと言
 う程のツルツルタイヤ。
 めったに行かない JR 駅前のス
 ーパーに車を止めようと、ふと
 見たら、駅の真前に100円パー
 キングが出来ている。
 やった!間に合う!!
 でも、入り口に着く迄、満車と
 言う表示に気づかず、あえなく
 Uターン。
7×10×h15cm


 
緑カップ-1
 もう気分は萎えかかっているが
 そうは行かない。
 インドネシアで、彼女が行って
 来たおととしの地震の被災地で
 の活動から、今回の交換プロジ
 ェクトを経て、個展に至る経緯
 のレクチャーを聴かなきゃ。

 最近、何をやるにもひょっとし
 てこれは老人力のアップって奴
 か?と、思うしかないような、
 つまらないミスの積み重ねで、
 小さくまとまってしまう(諦め
 る?)事多々あり、、、、。
 結局、ドタバタと、会場に着い
 た時には、既にレクチャーは無
 事終了。
 しかし、、調べた路線の時刻で
 は名古屋迄は駅から1時間程、
 のはず。。??
 なのに、私は永遠着かないんじ
 ゃないかしら、と思う程いちい
 ち停車する電車に2時間近く乗
 るはめに。どうやら、1時間と
 言うのは、新幹線を、利用した
 場合だったらしい。


ま、、でも、会場には彼女の交換プロジェクトのビデオがあり、幸い、美術館は金曜日は夜8時まで。
ディープなインドネシアの奥地まで、分け入って出会う人々と、作品をいろんな物と交換していくプロセスを見る事は出来たし。彼女と、(廣田緑ちゃん)と、久々に会って、このカップを、彼女の日本でのアトリエ完成祝いに渡す事が出来たので、最低限の(て、最低やし〜〜)目的は果たしたと思いつつ、名古屋の大都会ぶりを堪能することもなく、帰路に着いた。
 あ〜〜やれやれ。
 もう、ええ加減にしたい!
 この、だらけた性格!

 2007/11/25
 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


コメントする
photo by れいさい工房 -

オブジェカップ

<チュウリップカップA>

チュウリップA

<オブジェワインカップ>
オブジェワインカップ

<チュウリップカップB>
チュウリップB



コメントする
photo by れいさい工房 -

赤と黒のシリーズ

赤と黒の座布団皿:16cm x 16cm x 5cm
座布団皿

座布団皿ひとつ スタッキングは四角を交差させて、、ま、少し場所はとります。
座布団皿ひとつ


コメントする
photo by れいさい工房 -

2003年個展:蓋もの

<2003年個展:蓋もの>
陶園個展蓋もの



コメントする
photo by れいさい工房 -

蓋ものシリーズ

<黄色いストライプと盃>
	蓋もの小/黄色ストライプと盃

<捧げる>
蓋もの小/捧げる

<グリーン>
蓋もの/グリーン

<赤い帽子>
蓋もの/赤い帽子

<ステッキライト>
蓋もの/ステッキライト




コメントする
photo by れいさい工房 -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Recommend
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1
Gallery&Studio”ubuubu”
<news!!トピックス>
2017 : 西武百貨店大津店3Fと5Fに
土鍋の展示をして頂く事になりました!

2010年札幌/ビアマグランカイ8優秀賞作品

2008年めし碗グランプリ大賞受賞

廣川純サッカーの中田英寿さんの取材を受ける!

関テレ「よ〜いどん!」で隣の人間国宝さんに!!

「滋賀ガイドOh!Me」2014 12/4号にウブウブを掲載して頂きました!

チルチン人広場に掲載!!
--------------------------------------------------
annkozukiをフォローしましょう
作品のお取り扱い店

このページの先頭へ