たまたま玉子搬入の巻

160924_1143~01.jpg
ちゃんとしたタイトル、忘れましたが今日は「まちなかアートフェスティバル」の搬入に水曜カフェの奥田さんちの広場で穴堀りナウ。
鍬で掘ろうと思っていたけど、カヤの刈った後は枯れ草が積み重なって、チョ〜掘りにくい。
三つ足の鍬で掘るのがベストらしい。
道具ってスゴいな〜(^_^)v
しかし、根性ないからすぐ疲れます。
鋤で土をすくった後、スコップに体重を掛けて掘り返す。この体重を掛けるというのが、結構体力がいるのだわ〜。ざくっとスコップを土に刺して、力を込めて土に押し込むだけでは、なんせ力がないので深く掘れない。で、一つずつエイッとばかりにスコップの肩部分に飛び乗る。そうするとより深くグサッとスコップが土に沈む。そこに楽焼き玉子を埋めて行くのですね。
こんなシンドイ事、思い付かんときゃ良かったか〜?(∋_∈)

     

↑今週、今回は電気窯で焼成した2016年バージョンの楽焼き玉子。何度か試みたけれど、同じ釉薬を掛けても同じ焼きにはならない。前回は(もう何年も前だ〜)手作りの即席窯で、熱源は炭。今回は前回とは全く違う雰囲気に焼き上がる。今回は何だか秞の特徴がマイルドに発色している印象。たのし〜〜〜!焼き上がったものを一つづつ、じ〜〜〜〜っと見ていて全く飽きない。

(何作っても、趣味度はほぼ素人な私でおます。。。)

 

フェスティバルが始まると、この玉子を移植ゴテ(スコップ)で、訪れた方に掘り出してもらい、気に入れば

¥500でお待ち帰りして頂く事が出来る。気に入らないからもう1回掘り掘り、、、、は無しですね。

気に入らなければ、埋め戻して頂く事になります。

どこに埋まっているかは、分かりません。今日何とか100個くらい埋めるための穴を掘り、後日玉子を埋めに行く予定。

玉子を買ってもらって集まったお金は全額熊本地震災害で被害に遭われた方に寄付するという主旨です。

楽しんで掘りッこしてもらえたら良いな〜〜〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*************************************************************

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL